コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜入久高 きいれ ひさたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜入久高 きいれ-ひさたか

1819-1893 幕末の武士。
文政2年生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。文久元年公武合体路線を推進する島津久光のもとで首席家老となり,大久保利通(としみち)らの誠忠組を登用。薩英戦争のときは江戸から幕府軍艦で薩摩に急行した。明治2年の藩政改革で内務局知家事。明治26年死去。75歳。通称は主水(もんど),摂津。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

喜入久高の関連キーワード黒田清輝東京大学おらが春石田春律各務文献振鷺亭林国雄渡辺一閃緑岩粗粒玄武岩

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone