コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多村政方 きたむら まさかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜多村政方 きたむら-まさかた

1682-1729 江戸時代中期の武士,兵法家。
天和(てんな)2年生まれ。建部綾足(たけべ-あやたり)の父。陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)家老。母鶴(山鹿素行の娘)に四書五経をまなぶ。藩主津軽信寿(のぶひさ)から藩史「津軽一統志」編修の命をうけたが,未完のまま享保(きょうほう)14年2月1日死去。48歳。通称は平十郎,のち監物,校尉。号は間雲堂,耕道。著作に「兵機全集」「山鹿誌」「間雲堂詩集」ほか。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

喜多村政方の関連キーワード喜多村校尉津軽校尉

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android