コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸橋忠弥 まるばしちゅうや

8件 の用語解説(丸橋忠弥の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丸橋忠弥
まるばしちゅうや

[生]?
[没]慶安4(1651).8.13. 江戸
江戸時代前期,慶安事件の首謀者の一人。出羽山形の人。名は盛澄。通称,忠弥,正しくは忠也。宝蔵院流槍術の達人で江戸御茶の水に道場を開いていた。慶安4 (1651) 年由井正雪らとともに江戸幕府覆滅の陰謀をはかり,江戸城襲撃を担当する手はずであったが,密告により事前に発覚,町奉行石谷 (いしがや) 貞清によって逮捕され,品川で磔刑に処された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まるばし‐ちゅうや【丸橋忠弥】

[?~1651]江戸前期の浪人。出羽の人という。宝蔵院流の槍術にすぐれ、江戸に道場を開く。由井正雪と共謀して慶安の変を企てたが、事前に発覚して処刑された。
歌舞伎狂言樟紀流花見幕張(くすのきりゅうはなみのまくばり)」の通称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

丸橋忠弥【まるばしちゅうや】

江戸前期の慶安事件の首謀者の一人。槍術の達人。俗書では出羽(でわ)の人とされるが,下級幕臣であったと思われる。江戸御茶の水に道場を開いた。1651年由比正雪らと江戸幕府倒壊を計画,江戸城攻撃を受け持つが事前に露見し,処刑された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丸橋忠弥 まるばし-ちゅうや

?-1651 江戸時代前期の武士。
江戸御茶ノ水で宝蔵院流槍術(そうじゅつ)の道場をひらいた浪人。出自は不明。慶安4年由比正雪と幕府転覆をくわだてて捕らえられ,8月10日品川鈴ケ森で磔(はりつけ)となった(由比正雪の乱)。講談,歌舞伎,浄瑠璃(じょうるり)などにとりあげられ有名となる。名は盛澄(もりずみ)。
【格言など】雲水のゆくへも西のそらなれや願ふかひある道しるべせよ(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

丸橋忠弥

没年:慶安4.8.10(1651.9.24)
生年:生年不詳
江戸前期の浪士。慶安事件の首謀者のひとり。出羽山形の人といわれるが,諸説があり,長宗我部盛親の落胤説もある。宝蔵院流の槍術家として御茶ノ水に道場を構え,神田で塾を開いていた軍学者由比正雪と幕府転覆の謀反を計画,江戸における蜂起の指揮者となった。謀議は密告によって発覚,慶安4(1651)年7月23日,江戸で捕縛され,同年8月10日,鈴ケ森の刑場で母や兄らと共に磔に処せられた。事件はのちに劇化され,『けいせい由来記』(1757)に丸樫忠太,「太平記菊水之巻」(1759)に鞠ケ瀬秋夜の名で登場。庶民の屈折した共感もあって,浪曲「慶安太平記」は木村派の代表的な演目となった。

(橋本勝三郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

まるばしちゅうや【丸橋忠弥】

?‐1651(慶安4)
江戸前期の浪人。慶安事件の参加者の一人。俗書では出羽の人とするが,下級幕臣の子であったと思われる。一時加賀前田氏の家臣に奉公していた。宝蔵院流の槍の達人で,江戸御茶ノ水に道場を開いていた。1651年由比正雪の幕府に対する謀反計画に加わり,江戸城攻撃を受け持つが,訴人があって,同年7月23日捕らえられ,8月10日品川の刑場で磔刑(たつけい)に処せられた。【藤井 譲治】 実録本《油井根元記》(1682年序),《慶安太平記》(幕末成立)などのほか,講談でも早くから事件を潤色,丸橋忠弥は主要人物の一人として描出された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

まるばしちゅうや【丸橋忠弥】

?~1651) 江戸初期の浪人。名は盛澄もりずみ。出羽の生まれ。槍術宝蔵院流の道場を江戸の御茶ノ水に開く。慶安事件で鈴ヶ森で処刑された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丸橋忠弥
まるばしちゅうや
(?―1651)

江戸時代の牢人(ろうにん)。正しくは忠也。一玄居士(いちげんこじ)と号す。慶安(けいあん)事件首謀者の1人。江戸・お茶の水で宝蔵(ほうぞう)院流槍(そう)術の道場を開いていたが、由比正雪(ゆいしょうせつ)から誘われて反幕府の陰謀に加担。江戸城攻撃を受け持ち、門人や牢人を語らって準備を進めたが、内偵と密告によって発覚して捕らえられ、品川で磔刑(たっけい)に処せられた。門人に守られた槍(やり)の達人である忠弥を捕らえるため、軽率な性格につけこんで、道場の外で「火事だ」と騒ぎ、見に飛び出してきたところを捕縛したという話はかなり早くから流布していた。文芸作品では幕府をはばかり、1759年(宝暦9)『太平記菊水之巻』、1780年(安永9)『碁太平記白石噺(ごたいへいきしらいしばなし)』などでは鞠ヶ瀬秋夜(まりがせしゅうや)の名で登場している。いわゆる『慶安太平記』のなかで本名で定着したのは、江戸城の堀に石を投げ込んでその深さを測る堀端の場で著名な1870年(明治3)『樟紀流花見幕張(くすのきりゅうはなみのまくばり)』以降のことである。[高木昭作]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の丸橋忠弥の言及

【慶安事件】より

…1651年(慶安4)7月に発覚した浪人らによる幕政批判の騒擾(そうじよう)事件。首謀者は由井正雪丸橋忠弥,金井半兵衛,熊谷市郎兵衛ら。慶安の変,由井正雪の乱ともいう。…

※「丸橋忠弥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

丸橋忠弥の関連キーワード水無瀬兼俊沙門日東慶安事件張本人慶安の変黄瀬文吉新居水竹西口与左衛門萩原村久右衛門由比正雪(由井正雪)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

丸橋忠弥の関連情報