コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜屋武 きゃん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

喜屋武
きゃん

沖縄県沖縄島の最南端にある糸満市の旧村域。旧間切(まぎり。行政区画)名。1908年村制施行。1946年真壁村,摩文仁村を合体して三和村となった。1961年糸満町,兼城村,高嶺村と合体して糸満町となり,1971年糸満市となった。喜屋武カルスト台地に立地。昔は「きやめ」と呼ばれたが,これは「まで」の意に使われた古語で,「きわめ」の転訛といわれる。第2次世界大戦で最後の激戦地となり,多くの犠牲者が出た。南端が喜屋武岬。海岸一帯は沖縄戦跡国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

喜屋武の関連キーワード南風原町立南風原文化センター具志川城跡〈沖縄県糸満市〉沖縄県糸満市喜屋武喜屋武ちあき喜屋武 繁雄南風原(町)沖縄教職員会7月25日糸満(市)屋良朝苗具志川城喜屋武崎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

喜屋武の関連情報