コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摩文仁 まぶに

5件 の用語解説(摩文仁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

摩文仁
まぶに

沖縄県沖縄島の南端にある糸満市の地区。旧間切(まぎり。行政区画),旧村名。第2次世界大戦末期の沖縄戦最後の激戦地(→沖縄の戦い)。海に臨む断崖に残る艦砲射撃の弾痕,島守の塔,ひめゆりの塔(→ひめゆり部隊),魂魄の塔など戦跡が多く,摩文仁丘(まぶにがおか)には各都道府県の慰霊塔のある平和祈念公園,沖縄戦 50年を期に 1995年6月に除幕された「平和の礎(いしじ)」がある。沖縄戦跡国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

摩文仁【まぶに】

沖縄県糸満市の大字。沖縄本島南端部に位置し,沖縄戦終焉の地として平和公園となり,多数の慰霊塔が林立,平和祈念資料館・平和の礎(いしじ)がある。沖縄戦末期,日本軍は中部戦線で壊滅状態となったにもかかわらず,島民の避難地であった本島南部に撤退,司令部を摩文仁高地に置いて戦闘を継続した。
→関連項目沖縄戦跡国定公園鉄血勤皇隊

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

まぶに【摩文仁】

沖縄県糸満いとまん市の地名。沖縄島南端部にある。第二次大戦の沖縄戦の激戦地。沖縄戦跡国定公園となり、戦没者の慰霊碑が多い。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕摩文仁(まぶに)


沖縄本島南部、糸満市にある地域名。
旧摩文仁村の村域に相当。第二次世界大戦末期の沖縄戦最後の激戦地。平和祈念公園、ひめゆりの塔で知られる。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

摩文仁の関連情報