コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜早清在 きそ きよあり

1件 の用語解説(喜早清在の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜早清在 きそ-きよあり

1682-1736 江戸時代中期の国学者,神職。
天和(てんな)2年2月9日生まれ。伊勢神社外宮(げくう)の高宮玉串内人(うちんど)。神宮学を度会延経(わたらい-のぶつね),度会益弘(ますひろ)に,漢学を伊藤固庵にまなぶ。元文元年9月29日死去。55歳。本姓は度会。通称は因幡(いなば),平馬。号は訥斎,立軒,木曾立軒。著作に「毎事問」「陽復記衍義(えんぎ)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

喜早清在の関連キーワードクライアー浮世草子元文増田与兵衛鉄眼楠流智積院水口藩享保銀アフシャール朝

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone