コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜早清在 きそ きよあり

1件 の用語解説(喜早清在の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜早清在 きそ-きよあり

1682-1736 江戸時代中期の国学者,神職。
天和(てんな)2年2月9日生まれ。伊勢神社外宮(げくう)の高宮玉串内人(うちんど)。神宮学を度会延経(わたらい-のぶつね),度会益弘(ますひろ)に,漢学を伊藤固庵にまなぶ。元文元年9月29日死去。55歳。本姓は度会。通称は因幡(いなば),平馬。号は訥斎,立軒,木曾立軒。著作に「毎事問」「陽復記衍義(えんぎ)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

喜早清在の関連キーワード林鮒主松木満彦国学者上田光秋菊屋末偶岸静知三鍼千々和直信西村菊渓和田定胤