コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜早清在 きそ きよあり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜早清在 きそ-きよあり

1682-1736 江戸時代中期の国学者,神職。
天和(てんな)2年2月9日生まれ。伊勢神社外宮(げくう)の高宮玉串内人(うちんど)。神宮学を度会延経(わたらい-のぶつね),度会益弘(ますひろ)に,漢学を伊藤固庵にまなぶ。元文元年9月29日死去。55歳。本姓は度会。通称は因幡(いなば),平馬。号は訥斎,立軒,木曾立軒。著作に「毎事問」「陽復記衍義(えんぎ)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

喜早清在 (きそきよあり)

生年月日:1682年2月9日
江戸時代中期の国学者、神道家
1736年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

喜早清在の関連キーワード生年月日度会清在国学者

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android