コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

度会延経 わたらい のぶつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

度会延経 わたらい-のぶつね

1657-1714 江戸時代前期-中期の神職。
明暦3年10月17日生まれ。度会延佳(のぶよし)の次男。兄延昌の死で父の跡をつぎ,寛文2年伊勢神宮外宮(げくう)の権禰宜(ごんのねぎ)となる。精緻(せいち)な考証で知られ,門人松木智彦(ともひこ),吉見幸和(ゆきかず)。正徳(しょうとく)4年8月21日死去。58歳。家名は出口。通称は権太夫,帯刀。号は講古堂。著作に「二所皇太神宮神名略記」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

度会延経 (わたらいのぶつね)

生年月日:1657年10月17日
江戸時代中期の神官、神道学者
1714年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

度会延経の関連キーワード生年月日出口延経喜早清在神官

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android