喜春楽(読み)キシュンラク

デジタル大辞泉の解説

きしゅんらく【喜春楽】

雅楽の舞曲唐楽黄鐘(おうしき)調で古楽の中曲。四人舞。隋の煬帝(ようだい)、陳の粛公また大安寺の安操の作という。寿心楽。寿春楽。弄殿(ろうでん)喜春楽。きすんらく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きしゅんらく【喜春楽】

雅楽の一。左方に属する黄鐘おうしき調の古楽。蛮絵ばんえ装束をつけ四人で舞う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きしゅんらく【喜春楽】

雅楽左方(唐楽)。黄鐘(おうしき)調。古楽。四人舞。陳書興公作とも、大安寺の僧安操作ともいう。皇帝(おうだい)喜春楽。寿心楽。弄殿喜春楽。
※源氏(1001‐14頃)胡蝶「かへりごゑに、喜春楽たちそひて、兵部卿の宮、青柳をりかへしおもしろく謡ひ給ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android