コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜春楽 キシュンラク

デジタル大辞泉の解説

きしゅんらく【喜春楽】

雅楽の舞曲唐楽黄鐘(おうしき)調で古楽の中曲。四人舞。隋の煬帝(ようだい)、陳の粛公また大安寺の安操の作という。寿心楽。寿春楽。弄殿(ろうでん)喜春楽。きすんらく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きしゅんらく【喜春楽】

雅楽の一。左方に属する黄鐘おうしき調の古楽。蛮絵ばんえ装束をつけ四人で舞う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

喜春楽の関連キーワード雅楽左方