コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

営業キロ エイギョウキロ

3件 の用語解説(営業キロの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えいぎょう‐キロ〔エイゲフ‐〕【営業キロ】

鉄道やバスなどで、営業区間の距離をキロメートル単位で表したもの。輸送量の測定、運賃の計算などの基礎にするが、実際の距離と異なることがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

えいぎょうキロ【営業キロ】

鉄道・自動車路線・航路の営業区間の距離。運賃・料金・輸送量その他の算定基礎となる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

営業キロ
えいぎょうきろ

公示された鉄道、自動車路線、航路における営業区間の長さを示すもので、輸送量、作業量、運賃計算その他の基礎となる駅間キロ程(てい)またはその累計をいう。鉄道の営業キロ程は、駅間の実測による線路延長を基準として、キロメートル以下は四捨五入法によって小数点1位まで表して公示される。営業キロの算定は、普通、始終端駅では営業本線の始終端を起点とし、中間駅では駅の本屋の中心点相互間の距離について定めている。営業キロには用途上、旅客営業キロ、貨物営業キロ、全キロの3種がある。JR7社の鉄道営業キロは、1998年(平成10)度末で3万0106.0キロである。なお新幹線はすべて在来線と同一の線(線路増設で複々線化されたものとみなす)とされているので、これには含まれていない。[松澤正二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

営業キロの関連キーワード大圏航路完泳距離標キロ程水平距離町場キロ程運賃輪行ガウスの結像公式(レンズ)間合いをきる

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

営業キロの関連情報