コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

器之為璠 きし いはん

1件 の用語解説(器之為璠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

器之為璠 きし-いはん

1405-1468 室町時代の僧。
応永12年生まれ。大隅(おおすみ)(鹿児島県)の人。長門(ながと)(山口県)の曹洞宗(そうとうしゅう)大寧寺の竹居正猷(ちくご-しょうゆう)に師事し,その法をつぐ。周防(すおう)(山口県)竜文(りゅうもん)寺を中興し,大寧寺,丹波永沢(ようたく)寺(兵庫県)の住持もつとめた。応仁(おうにん)2年5月24日死去。64歳。号は天遊子。著作に「器之為璠禅師語録外集」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

器之為璠の関連キーワード骨皮道賢帖木児日野業子ティムール帖木児インドの産業大動脈構想中村ビュデ茂林寺子抱富士

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone