コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹居正猷 ちくご しょうゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹居正猷 ちくご-しょうゆう

1380-1461 室町時代の僧。
康暦(こうりゃく)2=天授6年生まれ。曹洞(そうとう)宗。薩摩(さつま)(鹿児島県)妙円寺の石屋真梁(せきおく-しんりょう)の法をつぎ,のち同寺の住持惟肖得巌(いしよう-とくがん)に竹居の道号をうける。大内弘忠に要請されて長門(ながと)(山口県)大寧寺の住持となる。周防(すおう)(山口県)竜文寺の開山(かいさん)。寛正(かんしょう)2年10月25日死去。82歳。俗姓は長。別号に化化禅,幻寄叟。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

竹居正猷の関連キーワード虎渓昌隆室町時代愚丘妙智大菴須益器之為璠了庵桂悟康暦

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android