コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭化珪素 タンカケイソ

2件 の用語解説(炭化珪素の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たんか‐けいそ〔タンクワ‐〕【炭化×珪素】

珪素炭化物珪石コークス電気炉で熱して得られる化合物。天然でもモアッサナイトとして産するが、非常に稀。純粋なものは無色。きわめて硬く、酸におかされず、高温でも他と反応しにくい。研磨剤・耐火物・発熱体などに使用。商標名カーボランダム。化学式SiC シリコンカーバイド。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たんかけいそ【炭化珪素】

ケイ砂とコークスとを電気炉で加熱して得られる六角板状結晶。普通、褐色または黒色。純粋なものは無色透明。化学式 SiC ダイヤモンドに近い硬さをもち、高温でも安定なので研磨剤や耐火材として用いられる。商標名カーボランダム。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

炭化珪素の関連情報