四大師(読み)シダイシ

とっさの日本語便利帳の解説

四大師

▽(1)伝教大師(最澄)、弘法大師(空海)、慈覚大師(円仁)、智証大師(円珍) (2)伝教大師、弘法大師、智証大師、慈慧大師(良源)

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

しだいし【四大師】

平安朝の四人の大師。伝教大師(最澄)・弘法大師(空海)・慈覚大師(円仁)・智証大師(円珍)。
天台宗の四人の大師。伝教大師・慈覚大師・智証大師・慈慧大師(良源)。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐だいし【四大師】

[一] 伝教大師(最澄)・弘法大師(空海)・慈覚大師(円仁)・智証大師(円珍)の総称
十訓抄(1252)一〇「我朝にとりても弘法・伝教・慈覚・智証の四大師をはじめ奉りて、菩薩和尚号を蒙らるる類」
[二] 特に、天台宗の四人の大師をいう。伝教大師(最澄)・慈覚大師(円仁)・智証大師(円珍)・慈慧大師(良源)の総称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android