コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四方竜文(6代) しかた りゅうぶん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

四方竜文(6代) しかた-りゅうぶん

1840-1921 幕末-大正時代の鋳金家。
天保(てんぽう)11年生まれ。一族の錺師(かざりし)で本名は溝口喜兵衛。竜文堂をつぐ。紹美栄祐,4代高橋道八,初代伊東陶山らと維福社を組織して,京都の工芸品を東京で販売。四方姓にあらためず,溝口氏を称した。大正10年1月8日死去。82歳。幼名は長兵衛。通称は安之助。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

四方竜文(6代)の関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))帰山教正日本の医学史(年表)アヘン戦争シュティフターレールモントフヴェナイトドキュメンタリー映画自転車イギリス史(年表)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android