四方髪(読み)シホウガミ

大辞林 第三版の解説

しほうがみ【四方髪】

長く伸ばした髪を後ろでたばねた男子の髪形。近世の医者・学者・浪人などが結った。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しほう‐がみ シハウ‥【四方髪】

〘名〙 男子髪型の一種。長く伸ばした髪を、まわりから掻き上げて、うしろでたばねたもの。江戸時代の医者、禰宜(ねぎ)、学者、浪人などが結んだ髪型。また特に、儒者のことをいった。しほうびん。しほう。
※俳諧・沙金袋(1657)夏「みるに猶茂る柳や四方髪〈正在〉」
※浮世草子・西鶴織留(1694)五「時に門の戸明て四方髪(シホウガミ)の男」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android