コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四気 シキ

デジタル大辞泉の解説

し‐き【四気】

天地間に生じたり消えたりする四時。春の温(生)、夏の(長)、)、冬の)の各気。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しき【四気】

天地間に消長する、四季の気。すなわち春の温、夏の熱、秋の涼、冬の寒。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

四気の関連キーワード器・既・祈・亀・企・冀・几・危・喜・器・基・奇・姫・嬉・季・寄・岐・己・希・帰・幾・徽・忌・悸・愧・揮・旗・既・期・机・棄・棋・機・歸・毀・毅・気・氣・汽・畿・癸・祈・稀・窺・紀・綺・羈・肌・規・記・詭・貴・起・跪・軌・輝・飢・饑・騎・騏・驥・鬼・麾ディーゼル自動車メランコリアI憂鬱質・憂欝質二十四節気黒胆汁質中国科学薬膳料理思ひ慰む急き切る思ひ撓む笹岡泊斎渾天儀こばす四季季語性格

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四気の関連情報