コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四/肆

デジタル大辞泉の解説

し【四/×肆】

数の名。3の次、5の前の数。よ。よつ。よっつ。よん。
4番目。第4。
[補説]音が「死」に通じるので忌む向きは、「よ」「よん」でいいかえる。「肆」は金銭証書などで、間違いを防ぐため「四」の代わりに用いる。

し【四】[漢字項目]

[音](呉)(漢) [訓]よ よつ よっつ よん
学習漢字]1年
〈シ〉
数の名。よっつ。「四角四季四大朝三暮四
四番目。「四月四更
よたび。「再三再四
四方。「四囲四海四周四隣
〈よ〉「四隅(よすみ)四月(よつき)四人(よにん)・四年(よねん)」
〈よん〉「四回・四勝・四輪車
[名のり]ひろ・もち
[難読]四阿(あずまや)四十雀(しじゅうから)四十(よそ・よそじ)四方(よも)

スー【四】

《〈中国語〉》数の4。「暗刻(アンコー)」

よ【四】

し。よっつ。よつ。声に出して数をかぞえるときの語。「ひ、ふ、み、
し。よっつ。よつ。多く、名詞の上に付いて用いる。「次元」「方(も)」

よん【四】

《「よ」の音変化》よっつ。し。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スー【四】

〔中国語〕
し。よん。

よ【四】

し。よっつ。数を数えるのに用いる。 「ひ、ふ、み、-」
し。よっつ。名詞の上に付いて複合語をつくる。 「 -年」 「 -方よも

よん【四】

〔「よ(四)」の撥音添加〕
よっつ。し。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

四/肆の関連キーワード高知県高岡郡四万十町大正高知県四万十市具同四つ手造り三十七道品汲み紛ふ乞ひ祈む置き余る四曼不離四面銅鉱負ひ持つ差し寄る酒水漬く掛け破る差し取る立ち撓ふ航空憲法ソネット向か伏す差し集ふ頻鳴く

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android