四/肆(読み)シ

デジタル大辞泉の解説

し【四/×肆】

数の名。3の次、5の前の数。よ。よつ。よっつ。よん。
4番目。第4。
[補説]音が「死」に通じるので忌む向きは、「よ」「よん」でいいかえる。「肆」は金銭証書などで、間違いを防ぐため「四」の代わりに用いる。

し【四】[漢字項目]

[音](呉)(漢) [訓]よ よつ よっつ よん
学習漢字]1年
〈シ〉
数の名。よっつ。「四角四季四大朝三暮四
四番目。「四月四更
よたび。「再三再四
四方。「四囲四海四周四隣
〈よ〉「四隅(よすみ)四月(よつき)四人(よにん)・四年(よねん)」
〈よん〉「四回・四勝・四輪車
[名のり]ひろ・もち
[難読]四阿(あずまや)四十雀(しじゅうから)四十(よそ・よそじ)四方(よも)

スー【四】

《〈中国語〉》数の4。「暗刻(アンコー)」

よ【四】

し。よっつ。よつ。声に出して数をかぞえるときの語。「ひ、ふ、み、
し。よっつ。よつ。多く、名詞の上に付いて用いる。「次元」「方(も)」

よん【四】

《「よ」の音変化》よっつ。し。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スー【四】

〔中国語〕
し。よん。

よ【四】

し。よっつ。数を数えるのに用いる。 「ひ、ふ、み、-」
し。よっつ。名詞の上に付いて複合語をつくる。 「 -年」 「 -方よも

よん【四】

〔「よ(四)」の撥音添加〕
よっつ。し。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

スー【四】

〘名〙 「四」の中国音。江戸時代には拳(けん)の用語として用いられ、現代ではマージャン用語として用いられる。
※雑俳・芥子かのこ(1716‐36)「四(スウ)と六とのいやな酒也」

すむい【四】

〘名〙 拳(けん)の遊戯の際の掛け声の一つ。四の数の呼び名。すむゆ。すむゆう。
浄瑠璃・冥途の飛脚(1711頃)中「けんの手じなの手もたゆく〈略〉はま、さんきう、ごう、りう、すむゐ」

すむゆ【四】

〘名〙 =すむい(四)
洒落本・残座訓(1784)「浮世に四(スムユ)なかひも無手(ないとこ)、五(ごう)はらとは思へ共」

よ【四】

〘名〙
① 四つ。和語の名詞・助数詞の前に直接付けて用いる。「四切れ」「四度(よたび)」「四年(よとせ)」など。
※書紀(720)仁徳一四年一一月(前田本訓)「墾(はり)て四万余項(ヨよろつあまり)の田を得」
② 四つ。漢語の名詞・助数詞の前に直接付けて用いる。漢語の「四(し)」が「死」に通じるとして嫌われた結果うまれた用法。「四人」「四年」「四番バッター」「柔道四段」
物の数を、声に出して順に唱えながら数えるときの四。実際に唱えるときには、普通は「ひーふーみーよー」のように長く発音する。
年中行事秘抄(12C末)鎮魂祭歌「一(ひと)(ふた)(み)よ五(いつ)(むゆ)(なな)(や)(ここの)(たりや)

よう【四】

〘名〙 (「よ(四)③」を延ばして発音した語) 物の数を、声に出して順に唱えながら数えるときの四。
※浄瑠璃・雪女五枚羽子板(1708)中「思ひの数をひっとふたみいよふ」

よん【四】

〘名〙 (「よつ(四)」の語幹「よ」が漢語数詞「さん(三)」の類推で変化したもの) 数の名。一の四倍。あとに和語助数詞が付く「よ」とは異なり、あとには主に漢語数詞や漢語助数詞が付く。「一足すよんは五」「よんじゅう(四十)」「よんひゃく(四百)」「よんかい(四回)」「よんさつ(四冊)」など。
※口語法別記(1917)〈国語調査委員会〉「数を呼ぶに、次のように云ふことがある、聞きちがわせぬ為である。二百四十番(ふたひゃくヨンじうばん)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android