コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回回暦 かいかいれき

2件 の用語解説(回回暦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

回回暦
かいかいれき

元・明代の頃,中国に伝来したアラビア天文書。元の初期,アラビア天文学が伝わり,その暦法が中国古来の暦の計算の是正に役立った。フラグ・カンによってイランに建てられた大天文台で編まれた『イルカン天文表』を参考につくられたものといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいかいれき【回回暦 Huí huí lì】

回暦ともよばれ,中国において純粋な太陰暦によるイスラム暦を指したもの。月の満ち欠けの1周期を1月とし,12月を1年とする。1ヵ月は30日と29日からなり,閏月を置かないので354日が1年となる。30年を1周期とし,そのなかで年末の12月に閏日をおいた11年だけ(したがってこの間に11の閏日がある)は355日からなり,両者を平均すると1年が354日8時間48分となって,2.7回帰年ごとに1月の差,32.6年ごとに1年の差が累積する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone