コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閏日 うるうびintercalary day

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

閏日
うるうび
intercalary day

太陽暦では,1太陽年が 365.2422日にあたるため,平年を 365日とし,400に 97回日をおいて補正する必要がある。最初の一応完全な太陽は,前 46年,ユリウス・カエサルがアレクサンドリアの天文学者に命じてつくらせたユリウス暦で,1回帰年 (太陽年) を 365.25日として4年に1度閏年をおくことになっていた。しかし,真の1回帰年の長さは採用した1回帰年よりも 0.0078日だけ短いため 16世紀にいたり,約 10日間の食違いが生じた。 1582年,ローマ教皇グレゴリウス 13世は,その年の 10月4日の次の日を 15日とすることでこれを是正し,400年に3回,閏年となるべき年を平年とすることにした。具体的には,西暦紀元のうち,4で割切れる年の2月の終りに閏日をおいて 29日とし,なお 100で割切れる年のうち 400で割切れない年だけは平年とした。このグレゴリオ暦の方法が,今日ほとんど全世界で採用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うるう‐び〔うるふ‐〕【×閏日】

太陽暦2月29日のこと。4年に一度だけある。

じゅん‐じつ【×閏日】

うるうび」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うるうび【閏日】

太陽暦で、2月29日のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

閏日の関連キーワードイスラム暦微苦笑忌回回暦置閏法世界暦海棠忌三汀忌章動