コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ズ

5件 の用語解説(図の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ず〔ヅ〕【図】

物の形や状態を描いたもの。絵図・地図・図面など。「掛け」「見取り
点・線・面が集まって一つの形を構成しているもの。図形。
物事のようす。状態。「見られたではない」
考えどおり。思うつぼ。
「謀(はかりごと)の―を外させ」〈浄・矢口渡
くふう。計画。
「何にてもあたらしい思ひつき、今迄ない―を案ずるに」〈浮・敗毒散・一〉
十二律の各音階の正しい調子を書き表したもの。
「当寺の楽は、よく―を調べ合はせて」〈徒然・二二〇〉

ず[接頭]

[接頭]動詞・形容詞などに付いて、とびぬけている、度外れている、などの意を添える。「抜ける」「太い」
[補説]「図」「頭」を当てて書くことが多い。

ず【図〔圖〕】[漢字項目]

[音](ヅ)(呉) (漢) [訓]はかる
学習漢字]2年
〈ズ〉ある枠の中にものの形をえがいたもの。「図案図画図鑑図形図示図書(ずしょ)図表絵図系図構図縮図製図地図付図略図
〈ト〉
絵。また、本。「図書(としょ)画図
地図。「版図
思いはかる。「意図
計画。はかりごと。「企図壮図雄図
[名のり]のり・みつ
[難読]図図(ずうずう)しい図体(ずうたい)

と【図】[漢字項目]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ず【図】

絵。絵画。
地図。図面。 「地形-」 「設計-」
〘数〙 点・線・面からなる形。図形。
ねらいどころ。よい機会。 「此-を外さず甲鉄艦を撃沈めよと/近世紀聞 延房
たくらみ。計画。企図。 「有りやうは九郎兵衛を下へくだした跡での事と思ふたが-へいかぬ/浄瑠璃・夏祭」
様子。光景。 「嶋原の門口につゐに見ぬ-なる事あり/浮世草子・一代女 2
雅楽で、音律の標準となる調子を書き表したもの。 「当寺の楽はよく-をしらべあはせて/徒然 220

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【絵図】より

…19世紀(明治前期)以前の日本での普通の地図に対する呼称。そもそもは条里制施行時代,農地の状態を表した図に〈田図〉〈文図〉があったが,条里名称などを注記した方格のみの〈田図〉を〈白図〉と呼び,方格のほか山川,湖海,道路,家屋など地形・地物を記入した〈田図〉を,〈白図〉と区別して〈絵図〉と呼んだようである。…

【讖緯説】より

…讖とは〈詭(いつわ)って隠語をつくり,予(あらかじ)め吉凶を決する〉ことで,一種の未来記,予言説である。図(と)また図讖とも呼ばれる。緯は〈よこいと〉で,〈たていと〉を意味する経に対し,経書を解説敷衍したもの。…

※「図」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

図の関連キーワード絵素スキー八雲絵・画絵柄砂山チェリー花菱

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

図の関連情報