国の博士(読み)クニノハカセ

精選版 日本国語大辞典の解説

くに【国】 の 博士(はかせ)

① 大化改新のときに、設けられた政治顧問。沙門旻法師、高向史玄理の二人が任命された。
※書紀(720)孝徳即位前(北野本訓)「沙門(のりのし)旻法師・高向史(ふみひと)玄理を以て、国博士(くにノはかせ)とす」
② 律令制度で、諸国に設置された国学の教師。外国使節の応接にもあたった。
※続日本紀‐大宝三年(703)三月丁丑「依令国博士、於部内及傍国〈略〉若傍国無人採用、則申省」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android