応接(読み)オウセツ

デジタル大辞泉の解説

おう‐せつ【応接】

[名](スル)訪れた人を招き入れて、その相手をすること。「次々と訪れる客に応接する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おうせつ【応接】

( 名 ) スル
訪ねて来た人を迎え入れて、相手をすること。相手になって応対すること。 「 -室」 「大勢の客に手際よく-する」
[句項目] 応接に暇あらず

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おう‐せつ【応接】

〘名〙
① 人に面会すること。いちいち相手をすること。もてなすこと。〔文明本節用集(室町中)〕
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉前「斯国の使臣に応接して国書を開き見るに」 〔晉書‐桓石秀伝〕
② 変化する景色を鑑賞すること。
※黄葉夕陽邨舎詩‐後編(1823)八・送鈴木曹長之東都「山川所見、応接亦可娯」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

応接の関連情報