コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国助(1)(初代) くにすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国助(1)(初代) くにすけ

?-1647 江戸時代前期の刀工。
生地伊勢(いせ)(三重県)の亀山藩主(のち伯耆(ほうき)黒坂藩主)関一政につかえる。元和(げんな)4年(1618)の主家改易(かいえき)後,京都の国広の門にはいり,国儔(くにとも)にまなんだとおもわれる。のち大坂に移住。銘は「河内守(かわちのかみ)藤原国助」など。門弟に初代助広がいる。正保(しょうほ)4年5月30日死去。姓は小林。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

国助(1)(初代)の関連キーワードフリース阿部正次山之井カバリエリストーンマザニエッロ宗因高校授業料の無償化カバリエリ小堀遠州

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android