コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カバリエリ カバリエリ Cavalieri, (Francesco) Bonaventura

5件 の用語解説(カバリエリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カバリエリ
カバリエリ
Cavalieri, (Francesco) Bonaventura

[生]1598? ミラノ
[没]1647.11.30. /1647.12.3. ボローニャ
イタリアの数学者。若いときにイエズス会修道士になる。ユークリッドの『原本』の複写を読んで数学に興味をもち,数学の研究を始める。 1629年ボローニャ大学教授となり,終生その職にあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

カバリエリ
カバリエリ
Cavalieri, Emilio del

[生]1550頃.ローマ
[没]1602.3.11. ローマ
イタリアの作曲家。モノディを創始したカメラータの一人。フィレンツェのトスカナ宮廷に仕え,のちローマで『霊と肉の劇』 (1600) を発表。この曲はモノディ様式を宗教的題材に適用した初期の作品であるため,「最初のオラトリオ」と呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カバリエリ(Francesco Bonaventura Cavalieri)

[1598~1647]イタリアの数学者。イエズス会の修道士。ガリレオ=ガリレイに数学を学んだ。近代微積分法の成立以前に、連続量を無限小量に分割して面積・体積を求める不可分量の方法を発見。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カバリエリ【Bonaventura Cavalieri】

1598‐1647
17世紀イタリアの数学者。イタリア諸都市で宗教教育を受け,聖職者を目ざしたが,1616年ピサで,G.ガリレイの弟子カステリに邂逅(かいこう)することにより,数学研究に導かれた。それ以降,ミラノ,パルマなどの修道院に勤務するかたわら数学研究を深化させ,26年ガリレイの力添えによって,ついにボローニャ大学の数学教授のポストに就くに至り,終生その地位にあった。カバリエリは,なにより17世紀の微分積分学形成に大きな役割を果たした《不可分者による連続体の新幾何学》(1635)の著者として知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

カバリエリ【Francesco Bonaventura Cavalieri】

1598~1647) イタリアの数学者。ガリレイの弟子でイエズス会士。「カバリエリの原理」として知られる不可分量の方法を創始、近代微積分学の基礎を築く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カバリエリの関連キーワードイタリアンANSAイタリアンカジュアル愛の妙薬イタリア 150イタリア 150 トリオイタリア料理の日イタリアワインの日イタリアーナドン・イタリアーノ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カバリエリの関連情報