コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリース Fries, Jakob Friedrich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリース
Fries, Jakob Friedrich

[生]1773.8.23. ザクセン,バルビ
[没]1843.8.10. イェナ
ドイツの新カント派に属する哲学者。フリース学派の祖。少時モラビア教団の影響を受け,のち数学,自然科学,哲学を学び,1816年イェナ大学理論哲学教授。カントに傾倒し,その分析的,叙述的,方法論的側面を強調,ラインホルド,フィヒテ,シェリング,ヘーゲルなど当代の思弁的,体系的観念論やドイツ・ロマン主義に反対。政治的には,カントの帰結として人間の尊厳を重んじ,リベラルな立場に立って立憲政治を要求し,ドイツ統一を唱え,学生運動などに積極的に参与した。主著に"Handbuch der praktischen Philosohie" (1818~32) ,"Die mathematische Naturphilosophie" (22) ,"System der Metaphysik" (24) がある。

フリース
Fries, John

[生]1750頃.ペンシルバニア,モントゴメリ
[没]1818.2. ペンシルバニア,バックス
1798年アメリカのペンシルバニア州で起ったドイツ系移民の反乱の指導者。巡回競売人,民兵大尉であった彼は,同年連邦財産税に反対しドイツ系移民を率いて反乱を起し,徴税人を追放し,連邦刑務所の囚人を解放したが,翌 99年軍隊によって鎮圧され逮捕された。裁判で死刑を宣告されたが,J.アダムズ大統領により赦免された。

フリース
Vries, Adriaan de

[生]1545/1546. ハーグ
[没]1626.12.15. プラハ
オランダの彫刻家。イタリアのフィレンツェでジャンボローニャに学び,後期マニエリスムを代表する彫刻家として,おもにプラハで活躍。代表作品はアウクスブルクの噴水『メルクリウスヘラクレス』 (1596~1602) 。

フリース
Vries, Hans Vredeman de

[生]1527. レーウワルデン
[没]1604/1623
オランダの建築家,画家,装飾美術家。フランドルオランダ,北ドイツで活躍。オランダにルネサンスを紹介し,家具,工芸などの図版集を出版 (1555,63,66) ,ヨーロッパ各地に影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

フリース(fleece)

羊1頭分の羊毛をそのまままとめたもの。
刈り取った羊毛のように起毛して毛羽立たせた織物。ポリエステル繊維を用いるため、暖かく、軽くて安価。ペットボトルを再利用したエコロジー素材としても注目される。「フリースジャケット」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

フリース

もともとはポリエステルの高密度織物を起毛した素材をいうが,近年ペットボトルを再利用して作られるようになった。軽くて暖かく防水性にすぐれているところからアウトドアウェアとして利用されている。

フリース

ドイツの耳鼻科医。1887年から1901年にかけ,S.フロイト親交,その自己分析を助けて,精神分析の理論形成に重大な役割を果たした。エディプス・コンプレクス,昇華,両性素質といった概念はフリースの示唆によるとされる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

フリース Vries, Maerten Gerritsz de

?-1647 オランダの探検家。
1643年(寛永20)オランダ東インド総督の命により,司令官として金銀島発見のため2隻の船をひきいてバタビア出航暴風雨で2船は互いをみうしない,1船は蝦夷(えぞ)地北方を探検。1船は陸奥(むつ)南部領(岩手県)山田浦に寄港した。1647年4月フィリピン東方でスペイン船攻撃中に戦死

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

フリース【Adriaen de Vries】

1546ころ‐1626
オランダ出身のブロンズ彫刻家。ハーグに生まれ,フィレンツェでジョバンニ・ダ・ボローニャに師事。1596年からアウクスブルクで活動し,1601‐12年にはプラハで皇帝ルドルフ2世の宮廷彫刻家を務め,その没後はドイツや北欧の君主のために制作した。北方におけるマニエリスム彫刻の代表者。扱う題材は神話,寓意,宗教,肖像とさまざまで,作品の規模も噴水のような公共的大作から小型人物像,浮彫に至る。頭部が小さめで長く柔軟な四肢をもつ人体表現は他のマニエリスム彫刻家に共通するが,明暗のニュアンスも豊かな表面の精緻な仕上げと絵画的構想が特徴的である。

フリース【Maerten Gerritsz de Vries】

?‐1647
オランダの航海家。ド・フリースとも呼ばれる。東インド会社の船長を務め,東インド総督の命令をうけて1643年,第2回太平洋探検隊の司令官としてカストリクムCastrikum号に乗船,日本の東岸を北航して,サハリン(樺太)東岸のテルペニエ(知床)岬の北,北緯48゜54′に到達した。この間,択捉(えとろふ)島とウルップ(得撫)島を発見して,それぞれをスターテン・ラントとコンパニース・ラントと命名し,サハリンと千島のアイヌとも接触。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

フリース【fleece】

刈りとった状態の羊毛。また、厚手の羊毛の織物。
起毛したポリエステル製の素材。また、それで作られた製品。軽量で、保温性に優れる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フリース
ふりーす
Jacob Friedrich Fries
(1773―1843)

ドイツの哲学者。1805年ハイデルベルク大学教授、1816年イエナ大学教授となったが、革新的な全ドイツ学生連盟の学生たちが焚書(ふんしょ)をして気勢をあげたワルトブルクの祭典に出席したかどで、1817年政府から休職処分を受け、1825年ようやく復職した。その哲学はカントの批判哲学とヤコービの信仰哲学を継ぐもので、同時代のヘーゲルを終始無視したが、ヘーゲルもまたフリースを浅薄な感情哲学者であるとして、徹底的に攻撃した。[宇都宮芳明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のフリースの言及

【千島列島】より

… 原住者の系譜は不明な点が多いが,6,7世紀から12,13世紀ごろにはオホーツク文化人が居住し,その後,南部は北海道アイヌ,北部はイテリメン族(カムチャダール)の出稼ぎ地となっていたが,近世までにはアイヌが北上して列島全体の居住者となったとみられている。1643年(寛永20)オランダ東インド会社の航海士M.G.deフリースが太平洋を北上して北海道本島および南千島に達し,択捉島をスターテン・ラント,ウルップ島をコンパニース・ラントと名付けた。 日本では,松前藩が1644年(正保1)に国絵図を作製して江戸幕府に提出し,1700年(元禄13)にも郷帳とともに国絵図を提出しているが,この中で〈クルミセの方〉として島々の名を記している。…

※「フリース」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フリースの関連キーワードチェルマク(Erich von Seysenegg Tschermak)ザックス(Julius von Sachs)アイゼンヒュッテンシュタットP.J. トルールストラシプリアン カツァリス進化のクライマックスモーツァルトの子守唄コンパニース・ラントルドルフ オットーフリースラント州クリスキャメロンフリースラント雑種植物の研究フリージア諸島フリース反応ミュータントレーワルデンベイエリンク濃度の法則突然変異説

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フリースの関連情報