コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国図(読み)こくず

世界大百科事典 第2版の解説

こくず【国図】

律令行政の具とされた地図。明確な概念規定はなされていないが律令時代の国郡図,校・班田図の総称とみて大過ない。国郡図はおそらく郡単位に作成され国ごとにまとめて中央に提出されたもので,国郡郷邑,駅路の遠近,山野の形勢などを表した図。発生は大化改新詔までさかのぼり,天武朝には部分的に作成されたが,全国的に造られるに至ったのは738年(天平10)以降で,延暦期(782‐806)にはいっそう拡充された。中国の伝統的な地図の制度にならったものであろうが実態はつまびらかでない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の国図の言及

【田図】より

…786年(延暦5)から791年のころ,天平14年(742),天平勝宝7歳(755),宝亀4年(773),延暦5年(786)を四証年とし,その年度の図籍をとくに重視する旨の格が出され,これ以後この4ヵ年の田図は〈四証図〉と呼ばれた。班田制の衰退にともない,田籍ははやくその役割を失っていったが,田図は土地所有の根拠を示す証験として引きつづき重視され,10世紀以降は国図と呼ばれて公領・私領の争いに重要な役割を果たした。今日,田図の遺品としては,鎌倉時代の写本であるが,《京北(けいほく)班田図》や,12世紀初頭の写本とされる828年(天長5)の《山城国葛野郡班田図》がある。…

※「国図」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国図の関連情報