律令時代(読み)リツリョウジダイ

大辞林 第三版の解説

りつりょうじだい【律令時代】

日本の古代において、律令が政治支配の基本として独自の役割を担った時代。広義には七世紀半ばから一〇世紀頃までの間、狭義には奈良時代と一致する時代をさす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りつりょう‐じだい リツリャウ‥【律令時代】

〘名〙 ・令を根本法典として政治の行なわれた時代。日本では、七世紀後半から平安初期にかけての時代。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の律令時代の言及

【律令制】より

…7世紀の後半,近江令(存在を否定する説もある),飛鳥浄御原令の編纂を通じて基礎が固められ,701年(大宝1)の大宝律令の制定・施行によってほぼその完成をみた。以後この体制が大きく変質する10世紀ごろまでの間を特に律令制の時代または律令時代と称し,この時期の国家を律令国家と呼んで前後の時代とは区別している。以下その諸方面にわたる制度のおもなものについて概観する。…

※「律令時代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

律令時代の関連情報