律令時代(読み)りつりょうじだい

精選版 日本国語大辞典「律令時代」の解説

りつりょう‐じだい リツリャウ‥【律令時代】

〘名〙 を根本法典として政治の行なわれた時代。日本では、七世紀後半から平安初期にかけての時代。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の律令時代の言及

【律令制】より

…7世紀の後半,近江令(存在を否定する説もある),飛鳥浄御原令の編纂を通じて基礎が固められ,701年(大宝1)の大宝律令の制定・施行によってほぼその完成をみた。以後この体制が大きく変質する10世紀ごろまでの間を特に律令制の時代または律令時代と称し,この時期の国家を律令国家と呼んで前後の時代とは区別している。以下その諸方面にわたる制度のおもなものについて概観する。…

※「律令時代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

かにの日

6月22日。JRI株式会社かに道楽が制定。同社が経営するカニ料理店「かに道楽」でキャンペーンを実施する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android