コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国家主権 こっかしゅけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国家主権
こっかしゅけん

国家が領域内においてもつ排他的支配権のことであって,単に主権ともいわれるものであるが,主権という用語が多義的であるのに伴って,この国家主権も種々に解される。一つは,ある国家が他の国家の権力のもとになく対外的に独立しているとき,すなわちその国家が主権国家であるとき,その国家を主権国家たらしめる力をいう場合である。他は,対内的に国家の最高の力としての主権が君主にあるのでもなく,また国民にあるのでもなくて国家そのものにあるとされるとき,それをいう場合である。これは国家法人説にみることができる。なおこの国家法人説における国家主権は,独特の意味内容をもっている。すなわち,この学説は君主主権人民主権とを妥協させるため,主権の保持者は人格としての国家にあると主張して,国家主権という概念をつくり出したからである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

国家主権の関連キーワード天然の富と資源に対する永久的主権ジョン・N. フィッギスヘルムズ=バートン法ヨーロッパ防衛共同体ヨーロッパ国家体系サスキア サッセンモルダビア共和国アフリカ統一機構ASEAN憲章欧州の右翼政党ヨーロッパ連合ウクライナ問題ソブリンリスクソブリンローンソビエト国際法ボーダーレス国際平和機構国内法優位説ブルンチュリリバイアサン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国家主権の関連情報