コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国家仏教 こっかぶっきょう

百科事典マイペディアの解説

国家仏教【こっかぶっきょう】

国家権力と結び,国家の保護・支配の下に置かれた仏教の意。7世紀以降,仏教は朝廷の保護を受け,大官大寺(だいかんだいじ)ほかの官寺が建立された。これら官寺では金光明(こんこうみょう)経など鎮護国家法会が行われた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

国家仏教の関連キーワードプミボン・アドンヤデートチソンデツェン渤海(国)禅宗美術仏教音楽奈良仏教プミポン南都六宗国家権力金光明経国分寺僧尼令童行慈蔵施行

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android