コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

僧尼令 そうにりょう

大辞林 第三版の解説

そうにりょう【僧尼令】

養老令の編目の一。仏教教団の僧尼を統制する法令。僧尼の犯罪・破戒行為などに対する措置を規定。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

僧尼令【そうにりょう】

令の編目の一で,僧尼を統制する法令。唐令の道格(どうそうきゃく)を元とし,《大宝律令(たいほうりつりょう)》から令に加えられた。《養老律令(ようろうりつりょう)》第7編にあたり,27条から成る。
→関連項目行基国家仏教奈良仏教

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうにりょう【僧尼令】

律令の編名で,僧尼に関する行政と刑罰の規定。僧尼に対する単行の法令は7世紀末に出ているが,律令の一編に加えられたのは大宝律令からである。701年(大宝1)道首名(みちのおびとな)が大安寺で説明した後に施行された。養老律令では27条からなる。形式的には,行政規定と刑罰規定に大別される。〈律〉的条項の刑罰規定をそのなかに含む法規が,僧尼令という名称でもって〈令〉に編入されているのは,律令の法体系において特異な存在である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

僧尼令
そうにりょう

日本古代の養老(ようろう)令の篇目(へんもく)で、第7篇、全27条。大宝(たいほう)令もほぼ同内容と推定される。仏教教団の僧尼統制の法典。日本令の母法である唐令には僧尼令はなく、道教の道士・道士女および仏教の僧尼の統制のための道僧格(きゃく)があった。日本僧尼令は、唐道僧格から道教統制の要素を除いた部分を令の一篇目としたもの。仮(いつわ)って災祥を説き国家を論難し百姓(ひゃくせい)を妖惑(ようわく)するといった国家への反逆行為、殺人かん盗、聖道を得たと詐称することなど戒律への破戒行為をはじめとして、吉凶卜相(きっきょうぼくそう)、小道(しょうどう)、巫術(ふじゅつ)などの僧尼の固有の犯罪とそれへの措置(強制還俗(げんぞく)による科罪、強制還俗、苦使、散禁の4段階の罰)を規定する。この点は、令と称しながら律に類似する性格である。また、僧綱(そうごう)による僧伽(そうぎゃ)の自治的統制、民間仏教の統制を定める。注釈として『令義解(りょうのぎげ)』『令集解』が残る。[石上英一]
『井上光貞著『日本古代の国家と仏教』(1973・岩波書店) ▽井上光貞他編『律令』(1976・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の僧尼令の言及

【僧】より

…仏教が伝来した当初の僧は,ほとんど大陸からの渡来僧だったが,やがて出家者が急増し,624年(推古32)の調査で僧816人,尼569人を数え,651年(白雉2)宮中での一切経読誦のとき僧尼2100余人に達した。政府は増加する僧尼を統制するため,624年早くも僧尼の犯罪に科断権をもつ僧正(そうじよう),僧都(そうず)の設置と,僧尼と諸寺の実態を調査し,これがのちに制度化されて僧綱制(そうごうせい)(僧綱)や僧尼令(そうにりよう)に継承された。僧尼令は僧尼の寺院生活についての禁制と罰則からなり,違犯者は還俗(げんぞく)させられて律によって処断された。…

※「僧尼令」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

僧尼令の関連キーワード正刑・閏刑井上光貞神祇令私度僧寺院法沙弥官当僧官度牒苦使捨身遊行僧綱還俗