コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官僧 カンソウ

デジタル大辞泉の解説

かん‐そう〔クワン‐〕【官僧】

国家から度牒(どちょう)を得て、公に出家を認められた僧。私度(しど)僧に対していう。
僧正(そうじょう)・僧都(そうず)などの官位を授けられた僧。
勅許を得て、袍(ほう)・裳(も)・素絹(そけん)などの官服または錦襴(きんらん)の袈裟(けさ)を着用する僧。律僧に対していう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんそう【官僧】

私度しどの僧に対して、官から度牒どちようを得て公に出家した僧。
僧正・僧都など、僧官に任ぜられた僧。
勅許を得て、袍ほう・裳などの官服または錦襴きんらんの袈裟けさを着る僧。 → 律僧

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

官僧の関連キーワード江戸時代私擬憲法天台宗一乗院僧正僧都官位出家勘籍隠者直達駕籠施行

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android