大官大寺(読み)ダイカンダイジ

デジタル大辞泉の解説

だいかん‐だいじ〔ダイクワン‐〕【大官大寺】

大安寺旧称の一。高市郡夜部村(現在の明日香(あすか)村)にあったときの名称の一つで、それまでの高市大寺(たけちのおおでら)の名を天武天皇5年(677)に改称したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

大官大寺【だいかんだいじ】

奈良大安寺の前身寺院聖徳太子建立の熊凝(くまごり)精舎を639年百済川辺に移して百済大寺としたのにはじまる。673年天武天皇が高市(たけち)に移して高市大寺とし,677年国家仏教の頂点に立つ寺として大官大寺の寺号を得た。701年造寺司が任命され,別の場所で新たに造営が行われたが,711年焼亡。716年平城京内に移転して大安寺となる。寺跡は奈良県明日香村小山にあり,金堂・廻廊跡などが確認されているが,この遺跡は完成直前に火災に遭っており,しかも藤原京の条坊地割にのっていることから,701年から造営が始まった大官大寺である可能性が強く,天武朝の寺の所在地は不明。
→関連項目国家仏教

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいかんだいじ【大官大寺】

大和高市郡にあった古代の官寺。奈良大安寺の前身。寺跡は奈良県高市郡明日香村小山と橿原市南浦にまたがる。金堂と塔の基壇を残す。《大安寺伽藍縁起幷流記資財帳》と《日本書紀》によると,617年(推古25)聖徳太子が熊凝(くまごり)村に建てた道場を起源とし,639年(舒明11)百済(くだら)川のかたわらに移建,百済大寺とするが,その後,673年(天武2)高市郡に移し,高市(たけち)大寺と改号する。さらに677年大官大寺と改め,飛鳥寺川原寺薬師寺とともに,藤原京内の四大寺となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の大官大寺の言及

【大安寺】より

…南都七大寺の一つ。639年(舒明11)十市郡の百済(くだら)川のほとりに建てられた百済大寺に始まり,673年(天武2)高市郡に移って高市(たけち)大寺と称し,677年大官大寺と改称。さらに平城遷都の際,716年(霊亀2)左京六条四坊に移転し,大安寺と名を変えた。…

※「大官大寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

大官大寺の関連情報