コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国次(2)(初代) くにつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国次(2)(初代) くにつぐ

1565-1629 江戸時代前期の刀工。
永禄(えいろく)8年生まれ。越前(えちぜん)福井の初代正則(まさのり)の長男。下坂派鍛冶(かじ)。寛永5年法橋(ほっきょう)となり,高鉄(こうてつ)((たかかね))と号した。銘は「山城大掾(やましろのだいじょう)藤原国次」など。寛永6年死去。65歳。姓は山田。通称は七郎兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

国次(2)(初代)の関連キーワード足利義輝慶寿院オプリチニナ足利義輝ローレキリシタン関係主要人名総合年表(アメリカ)イギリス美術ロドリゲスシャー・アッバース[1世]

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android