コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オプリチニナ オプリチニナOprichnina

2件 の用語解説(オプリチニナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オプリチニナ
オプリチニナ
Oprichnina

ロシアのツァーリイワン4世 (雷帝) が君主権の絶対性を確立するために,それを脅かす貴族の世襲地 (ボッチナ) を没収して創設した特別帝領。リボニア戦争 (1558~83) の継続をめぐって,特別会議 (イズブランナヤ・ラーダ) や貴族らの反対を受けたイワンは,この機会に貴族勢力を一挙に粉砕しようと決意し,戦争遂行に利益を見出す士族 (ドボリャニン ) ,商人層の支持を背景に,モスクワ住民から貴族の「陰謀」を弾圧するための絶対権の承認を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オプリチニナ【oprichnina】

原義は14~15世紀にモスクワ大公家の成員に分与された特別所領を指すが,普通は1565‐72年に設定された皇帝直轄領とそれに属する軍隊などの諸制度およびその間の分権的勢力の一掃を目指すイワン4世の政策を総称する。イワン4世は困難なリボニア戦争,側近との衝突,大貴族への懲罰と彼らの反抗に直面して,1565年退位をもって国民を脅迫し,非常大権を得たうえで,特別の領域,軍隊,財政,行政をもつオプリチニナを創設した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone