コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オプリチニナ Oprichnina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オプリチニナ
Oprichnina

ロシアのツァーリイワン4世 (雷帝) が君主権の絶対性を確立するために,それを脅かす貴族の世襲地 (ボッチナ) を没収して創設した特別帝領。リボニア戦争 (1558~83) の継続をめぐって,特別会議 (イズブランナヤ・ラーダ) や貴族らの反対を受けたイワンは,この機会に貴族勢力を一挙に粉砕しようと決意し,戦争遂行に利益を見出す士族 (ドボリャニン ) ,商人層の支持を背景に,モスクワ住民から貴族の「陰謀」を弾圧するための絶対権の承認を得た。これをもって彼は,1565年全土を貴族会議の掣肘を受けない皇帝直轄地「オプリチニナ」と,その他の土地「ゼムシチナ」とに分け,反対派貴族の世襲地を没収,次々とオプリチニナに加えた。その結果,中央,海岸地方の経済・軍事上の要地をはじめ国土のなかばが帝領となった。その後帝領は忠誠を誓う士族に封地 (ポメスティエ ) として分与され,彼らは「オプリチニク」と呼ばれる親衛隊を組織,イワンの対貴族恐怖政治の手先となった。この制度は 72年廃止されたが,それまでにツァーリ専制権力はゆるぎない基礎のうえに据えられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オプリチニナ【oprichnina】

原義は14~15世紀にモスクワ大公家の成員に分与された特別所領を指すが,普通は1565‐72年に設定された皇帝直轄領とそれに属する軍隊などの諸制度およびその間の分権的勢力の一掃を目指すイワン4世の政策を総称する。イワン4世は困難なリボニア戦争,側近との衝突,大貴族への懲罰と彼らの反抗に直面して,1565年退位をもって国民を脅迫し,非常大権を得たうえで,特別の領域,軍隊,財政,行政をもつオプリチニナを創設した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

オプリチニナの関連キーワードイワン4世(雷帝)イワン[4世]イワン(4世)ロシア史

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android