ローレ(英語表記)Lorre, Peter

  • 1515/1516―1565
  • Cipriano de Rore
  • Rore, Cipriano de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1904.6.26. ロージャヘジ
[没]1964.3.23. カリフォルニア,ハリウッド
ハンガリー生まれの映画俳優。本名 László Loewenstein。初めドイツで,のちにアメリカで活躍。『M』 (1931) ,『マルタの鷹』 (1941) などの異常性格の人物を得意とした。
[生]1516. メヘレン
[没]1565.9/1565.10. パルマ
フランドルの作曲家。1542~46年ベネチアのサン・マルコ大聖堂の歌手を務め,アドリアン・ウィラールトに作曲を学んだ。フェララ,パルマなどの宮廷楽長を歴任,1563年サン・マルコ大聖堂の楽長となったが,1564年パルマに戻った。卓越した対位法の技法と進歩的な和声感覚でマドリガルをはじめ各方面に名作を残し,16世紀後半の音楽家の間で模範と仰がれた。作品はマドリガル 125,モテト 65をはじめミサ曲受難曲など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランドルの作曲家。1540年代にイタリアに出、ベネチアでウィラールトに学んだあと、47年から59年までフェッラーラのエステ家の宮廷楽長を務めた。61年から63年まではパルマの宮廷楽長を務めたが、63年に師ウィラールトの後任としてベネチアのサン・マルコ大聖堂楽長に就任した。しかし翌年辞任し、以後はパルマの宮廷に仕えた。ローレは、中期のマドリガーレの大家として知られ、多数のマドリガーレを書いているが、ミサ曲やモテトゥスの分野にも少なからぬ作品が残されている。

[今谷和徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android