コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローレ ローレ Lorre, Peter

3件 の用語解説(ローレの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローレ
ローレ
Lorre, Peter

[生]1904.6.26. ロージャヘジ
[没]1964.3.23. カリフォルニアハリウッド
ハンガリー生まれの映画俳優。本名 László Loewenstein。初めドイツで,のちにアメリカで活躍。『M』 (1931) ,『マルタの鷹』 (1941) などの異常性格の人物を得意とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ローレ
ローレ
Rore, Cipriano de

[生]1516. メヘレン
[没]1565.9/10. パルマ
フランドルの作曲家。 1542~46年ベネチアサン・マルコ聖堂の歌手をつとめ,A.ウィラールトに作曲を学んだ。フェララ,パルマなどの宮廷楽長を歴任,63年サン・マルコ聖堂の楽長となったが,64年パルマに戻った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローレ
ろーれ
Cipriano de Rore
(1515/1516―1565)

フランドルの作曲家。1540年代にイタリアに出、ベネチアでウィラールトに学んだあと、47年から59年までフェッラーラエステ家の宮廷楽長を務めた。61年から63年まではパルマの宮廷楽長を務めたが、63年に師ウィラールトの後任としてベネチアのサン・マルコ大聖堂楽長に就任した。しかし翌年辞任し、以後はパルマの宮廷に仕えた。ローレは、中期のマドリガーレの大家として知られ、多数のマドリガーレを書いているが、ミサ曲やモテトゥスの分野にも少なからぬ作品が残されている。[今谷和徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローレの関連キーワードグローバル・マネジャークロージャーヘジラ邪僻ヘジャズへのへのもへじヘジテーションヘジャブあしたへジャンプじゃーじゃ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ローレの関連情報