コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国民純福祉 こくみんじゅんふくし

1件 の用語解説(国民純福祉の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こくみんじゅんふくし【国民純福祉】

国民所得の概念は,一国の経済活動の規模を数量的に表すと同時に,ひいては国民福祉の水準を測定するものと考えられてきた。しかし経済発展にともなって社会構造が複雑化し,国民所得の大きいことがただちに国民福祉の大きいことにつながらないという事情が生じた。両者の乖離(かいり)を示す要因として,(1)公害・交通事故などにみられるように,環境の悪化が福祉を低下させている,(2)軍備・警察・一般行政費・公害防除費・通勤費などは国民所得に計上されているが,これらは福祉の低下に対する防御的相殺要因であって,福祉を高めない,(3)余暇,主婦の家事労働などは市場外の活動として扱われ,福祉の増大に計上されていない,といった点が指摘できる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国民純福祉の関連キーワード国民所得クズネッツ国民経済輸出依存度輸入依存度国民純生産支出国民所得実質国民所得生産国民所得分配国民所得

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone