国法学の主要問題(読み)こくほうがくのしゅようもんだい(英語表記)Hauptprobleme der Staatsrechtslehre ドイツ語

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オーストリアの法哲学者ハンス・ケルゼン著。1911年刊。新カント主義を基調とする新たな哲学を基礎として、ドイツ国法学の国家論の解体を試みた著書。国家とは法の背後に想定された人格であり、国家意思とは法の擬人的表現にほかならず、国家行為とは法の内容を実現する人間の行為にすぎないとして、目に見えない超越的な実体としての国家概念を否定した。やがてこの理論が一般化されて、「純粋法学」の体系となる。父親の事業の破産に伴う経済的困難のなかで著された20代の作品で、これによって著者はようやく「私講師」の地位を得る。1923年に第2版が刊行された。

[長尾龍一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android