コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国立宮殿 こくりつきゅうでん

1件 の用語解説(国立宮殿の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

こくりつきゅうでん【国立宮殿】

メキシコの首都メキシコシティにある中世建築物。1987年、世界遺産に登録されたメキシコシティ歴史地区とソチミルコの、ソカロ呼ばれる中央広場の東側の一区画を占める壮大な建物である。この宮殿の最大の見どころは、正面入り口奥の1階から2階にかけて描かれた大壁画。この壁画は、メキシコの著名な壁画家、ディエゴリベラが10年をかけた大作である。ほかに、大統領の国務室や大蔵省、メキシコ近代化の父と仰がれるベニート・フアレスの記念室などがある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国立宮殿の関連キーワードメキシコシティーメキシコ湾流メキシコ地震アメリカメキシコ戦争ニューメキシコ墨西哥メキシコ銀メキシカン風雲のメキシコメキシコ・セット

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国立宮殿の関連情報