コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国重お源 くにしげ おげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国重お源 くにしげ-おげん

1733-1808 江戸時代中期-後期の刀工。
享保(きょうほう)18年生まれ。備中(びっちゅう)後月郡(しつきぐん)荏原(えばら)郷(岡山県井原(いばら)市)の水田伝十郎国重の娘。16歳で父をうしない,世話になった伯父伴十郎国重も5年後に死去。筑前(ちくぜん)信国に技法をならい,女性刀鍛冶(かじ)として名をはせた。銘は「女国重」。文化5年死去。76歳。姓は大月。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

国重お源の関連キーワード大月お源お源享保刀工

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android