コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際慣行 こくさいかんこう international practice or usage

2件 の用語解説(国際慣行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際慣行
こくさいかんこう
international practice or usage

国家間あるいは国際機関において繰返し行われる行為の定型をいう。慣行が法的確信を伴って行われるときは慣習国際法として拘束力をもつが,長期間繰返されても慣行にとどまるものもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こくさいかんこう【国際慣行 international practice】

多数の国家が繰返し行っている対外的な国家行為のこと。international custom,international usageともいう。儀礼や便宜に基づく国際礼譲を含むが,それよりは広い概念である。第2次世界大戦後,多くの沿岸国が,領海の外側に一定の幅の水域を設けて,その水域内における漁業活動を規制するようになったが,これなどは,国際慣行の一例といえる。国際慣行は,事実上諸国がその行為を行っているということであって,それ自身,法ではない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

国際慣行の関連キーワード租税国家単一国家独立権複合国家連邦国家対外主権連邦国家承認律令国家繰返し精度

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

国際慣行の関連情報