コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際慣行 こくさいかんこうinternational practice or usage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際慣行
こくさいかんこう
international practice or usage

国家間あるいは国際機関において繰返し行われる行為の定型をいう。慣行が法的確信を伴って行われるときは慣習国際法として拘束力をもつが,長期間繰返されても慣行にとどまるものもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こくさいかんこう【国際慣行 international practice】

多数の国家が繰返し行っている対外的な国家行為のこと。international custom,international usageともいう。儀礼や便宜に基づく国際礼譲を含むが,それよりは広い概念である。第2次世界大戦後,多くの沿岸国が,領海の外側に一定の幅の水域を設けて,その水域内における漁業活動を規制するようになったが,これなどは,国際慣行の一例といえる。国際慣行は,事実上諸国がその行為を行っているということであって,それ自身,法ではない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国際慣行の関連キーワード東京外国為替市場委員会(Tokyo Foreign Exchange Market Committee)バインケルスフークカイリ(海里)インコタームズ漁業水域翻訳権確信犯夢物語理事官ノット元首

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際慣行の関連情報