コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際礼譲 こくさいれいじょうinternational comity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際礼譲
こくさいれいじょう
international comity

もともとは国家間に行われる儀礼的あるいは好意的行為をさす意味で用いられた。たとえば,新しい君主あるいは大統領が就任した場合,他国に通知し,通知を受けた国は慶祝の辞を送ること。また君主や大統領が正式に訪問した場合には,軍艦,軍隊は祝砲を放ち祝意を表わす。しかしこの概念はさらに拡大して,国際法規が不明確な場合における他国の管轄権限の行使に対して,それを容認する根拠およびそれを排除する根拠として用いられた。逃亡犯罪人引渡し条約を結んでいない国に対し,その国の請求に応じて犯罪人を引渡すことなどがその例としてあげられる。国際礼譲は,国際法の規則ではないが,国際礼譲から国際法の規則が育つことが少くない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こくさいれいじょう【国際礼譲 international comity】

国家間の関係を円滑にするために,儀礼上,諸国によって尊重されている慣行。広義の国際慣行に含まれるが,礼儀,便宜,好意に基づく行為という点で,国際慣行よりは狭い概念である。国家の代表者敬称,国家の代表者の公式の会合における席順,国家の代表者や軍艦の公式訪問に対する礼砲,犯罪を犯した外国の軍隊構成員の身柄引渡し,などがこれにあたる。国際礼譲は国際法の規則ではないので,これに反する行為を国家が行ったとしても,それによってその国家が国際法上の責任を問われることはない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こくさいれいじょう【国際礼譲】

国際社会において慣習として行われている礼儀。国の代表者に対する敬称、会合などでの席順、礼砲など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国際礼譲
こくさいれいじょう
international comity

国際社会における儀礼、好意または便宜に基づく規則(習俗)。国家元首の就任に際し他国の元首が祝辞を呈したり、公海上で遭遇した異なる国の軍艦が相互に敬礼を交わすなど形式的事項に関することもあれば、犯罪人の引渡しは関係国の条約によって規制されなければ法的義務でないが、好意的に引き渡す習わしになっていることにみられるように実質的事項に関することもある。国際礼譲は国際法と異なり、違反しても違法行為として国家責任を追及されることはないが、国家間の交際を円滑にするための潤滑油的な働きをしている。かつては国際礼譲であったが、法的信念が醸成され、国際法に転化したものもある。外交特権はその代表的事例である。[内田久司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

国際礼譲の関連キーワード政治亡命外国判決国際社会要人警護慣習

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際礼譲の関連情報