国際目録原則覚書(読み)こくさいもくろくげんそくおぼえがき(英語表記)Statement of International Cataloguing Principles(ICP)

図書館情報学用語辞典 第5版の解説

国際図書館連盟によって策定された目録に関わる諸事項についての国際合意.2009年に最初に策定され,2016年に改訂されている.「パリ原則」(1961年)に代わるものとして,従来の目録法の伝統とFRBR基盤にして構築された.あらゆる形態の資料を対象として,書誌データおよび典拠データのあらゆる面に適用範囲が拡張され,目録の機能だけでなく,国際的に目録規則が備えるべき指針となっている.探索および検索の能力に関する指針をも備えており,記述目録法および主題目録法に対する一貫した道筋を提供することを目的としている.第一の原則には目録利用者の利便性に資することを挙げている.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典 第5版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android