目録法(読み)もくろくほう(英語表記)cataloging code

図書館情報学用語辞典の解説

目録法

図書館に備える目録の種類や体系などの決定とその作成方法に関する知識の総体.特定の図書館において資料の存在を確認し検索するためにどのような目録が必要か,目録の媒体をどのようなものにするか,何をアクセスポイント(標目)にし,かつどのように排列するか,誰がどのように目録を作成し,あるいは外部からの情報をどこまで利用するかなどを決定する拠り所となる.大きく記述目録法主題目録法に分けることができる(場合によってはこれらに目録編成法を加え三分することがある).具体的な目録作成のツールとしては,目録規則,分類表,件名標目表排列規則などがある.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android