コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

園芸療法 えんげいりょうほう

百科事典マイペディアの解説

園芸療法【えんげいりょうほう】

作業療法の一つで,身体的,精神的障害の治療やリハビリテーション,自立のための職業訓練に,植物や園芸作業を用いる方法。ホーティセラピーhortitherapyの訳。主に医療,福祉の現場で活用されている。 草花を育てる一連のプロセスを通して,さまざまな効果が得られる。身体面の効果では,身体を動かして園芸作業を行うことで運動機能が回復される点,大きさ,香り,色など五官を刺激する要素が含まれている点などがあげられる。精神面では,自分が世話をしたから育ったという責任感や達成感があじわえる,それによって自分の存在価値が自覚できプライドの回復や生きがいにつながる,自分以外のものに対する愛情や興味がめばえる,人とコミュニケーションがとれるなどの効果が期待できる。また,園芸の技術や知識を身につけ職業として生かし,社会復帰にもつながるケースもある。 作業療法に園芸を導入し始めたのは,1940年代の英国や米国などであるが,ガーデニングのさかんな欧米諸国では特に評価が高く,広く研究されている。日本では1990年代に入ってから,研究会や支持団体が発足し,園芸療法の専門家である園芸療法士の制度も確立された。現在,全国の病院,身体障害者や精神発達遅滞者の施設,養護学校などで積極的に導入され始めている。
→関連項目ガーデニング

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

園芸療法

植物や土に触れる園芸を通じて癒やし効果を得たり、栽培方法を学んだりする。園芸を通した高齢者との接し方を学んだ園芸療法士が、主に高齢者や障害者に、病院や介護施設などで実施。資格は養成課程のある大学や専門学校が個別に認定。県内では県立淡路景観園芸学校(淡路市)に、全国で唯一、県が認定する園芸療法士を育成する園芸療法課程があり、今春までに125人が認定を受けた。

(2012-05-18 朝日新聞 朝刊 播磨 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

園芸療法の関連情報