官幣(読み)カンペイ

大辞林 第三版の解説

かんぺい【官幣】

祈年祭としごいのまつり・月次祭つきなみのまつり・新嘗祭にいなめさいなどに、もとは神祇官より、のちには宮内省より、一定の格式の神社に幣帛へいはくを捧げてまつったこと。また、その幣帛。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐ぺい クヮン‥【官幣】

〘名〙 (「かんべい」とも)
神祇官(じんぎかん)から、祈年祭(としごいのまつり・きねんさい)、月次祭(つきなみのまつり)、新嘗祭(にいなめさい・しんじょうさい)などに、格式の高い一定の神社に捧げた幣帛(へいはく)。〔延喜式(927)〕
② 明治以後、宮内省から例祭、祈年祭、新嘗祭に官幣社に捧げた幣帛。戦後廃止。〔改正増補和英語林集成(1886)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android