土壇(読み)ドダン

  • つちだん

大辞林 第三版の解説

茶室の炉の内側の、塗壁の部分。炉壇。
土で築いた壇。近世、そこで首切りが行われたことから処刑場をいうようになった。 → 土壇場

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 土で築いた壇。どだん。
※皇太子聖徳奉讚(1255)「未来の有情利せむとて六角のつち壇つきたまひ」
〘名〙
① 土で築いた壇。つちだん。〔羅葡日辞書(1595)〕
② 特に、斬首の刑を行なうために築いた土の壇。前に穴が掘ってある。どたんば。
※俳諧・一本草(1669)五「炭かしらきりおとす炉の土壇哉〈玖也〉」
③ 茶道で、厚く塗りめぐらした炉の内側の壁。
※浮世草子・貧人太平記(1688)上「長者町水辺がたちへ押寄せ、土壇(ドダン)土釜打砕き」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android