コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土壇 ドダン

デジタル大辞泉の解説

ど‐だん【土壇】

土で築いた壇。
茶道で、土を厚く塗った炉の内側の壁。
土壇場(どたんば)1」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どだん【土壇】

茶室の炉の内側の、塗壁の部分。炉壇。
土で築いた壇。近世、そこで首切りが行われたことから処刑場をいうようになった。 → 土壇場

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

土壇の関連キーワード高宮廃寺跡〈奈良県〉オタフンベチャシ跡甲斐国分尼寺跡伊豆国分寺塔跡相模国分尼寺跡陸奥国分尼寺跡ミシシッピ文化慶州(中国)上野国分寺跡延年[小迫]伊賀国分寺跡那須官衙遺跡大分廃寺塔跡常陸国分寺跡吉備池廃寺跡石見国分寺跡信濃国分寺跡大原廃寺塔跡据え物・据物本薬師寺跡

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android