土壇(読み)どだん

精選版 日本国語大辞典「土壇」の解説

ど‐だん【土壇】

〘名〙
で築いた。つちだん。〔羅葡日辞書(1595)〕
② 特に、斬首の刑を行なうために築いた土の壇。前に穴が掘ってある。どたんば。
※俳諧・一本草(1669)五「炭かしらきりおとすの土壇哉〈玖也〉」
茶道で、厚く塗りめぐらした炉の内側
※浮世草子・貧人太平記(1688)上「長者町水辺がたちへ押寄せ、土壇(ドダン)土釜打砕き」

つち‐だん【土壇】

〘名〙 土で築いた壇。どだん。
※皇太子聖徳奉讚(1255)「未来の有情利せむとて六角のつち壇つきたまひ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「土壇」の解説

ど‐だん【土壇】

土で築いた壇。
茶道で、土を厚く塗った炉の内側の壁。
土壇場どたんば1」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「土壇」の解説

【土壇】どだん

刑場

字通「土」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android