土壇場(読み)ドタンバ

デジタル大辞泉の解説

どたん‐ば【土壇場】

近世、首切りの刑を行うために築いた土の壇。前に穴を掘る。土壇(どだん)。
決断をせまられる、最後の場面。進退きわまった状態。「土壇場で話がひっくりかえる」「土壇場に立たされる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どたんば【土壇場】

〔江戸時代の首切り場の意から〕
最後の場面。物事のせっぱつまった場合。 「 -まで追い詰められる」 「 -へ来て逆転する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土壇場の関連情報