コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土壇場 ドタンバ

デジタル大辞泉の解説

どたん‐ば【土壇場】

近世、首切りの刑を行うために築いた土の壇。前に穴を掘る。土壇(どだん)。
決断をせまられる、最後の場面。進退きわまった状態。「土壇場で話がひっくりかえる」「土壇場に立たされる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どたんば【土壇場】

〔江戸時代の首切り場の意から〕
最後の場面。物事のせっぱつまった場合。 「 -まで追い詰められる」 「 -へ来て逆転する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

土壇場の関連キーワード団・團・壇・弾・彈・断・斷・暖・檀・段・男・談メルビル(Herman Melville)追い詰める・追詰める押し詰める・押詰めるイアン ウォーレスうっちゃりドタキャンどたキャン琉球処分日ロ関係星野純子打っ遣る打っ遣り押詰める心中物巻返す土俵際瀧本誠生き胴天目山

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土壇場の関連情報