コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土子金四郎 つちこ きんしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土子金四郎 つちこ-きんしろう

1864-1917 明治-大正時代の経営者,経済学者。
元治(げんじ)元年4月13日生まれ。東京高商教授。ニューヨークの銀行で銀行業務を研究。帰国後日本銀行,横浜正金銀行に勤務,明治30年横浜火災保険の設立に参加して副社長となった。大正6年5月1日死去。54歳。江戸出身。東京大学卒。著作に「外国為替詳解」「経済学大意」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

土子金四郎

没年:大正6.5.1(1917)
生年:元治1.4.13(1864.5.18)
明治期の経済学者,実業家。旧幕臣土子豊憲の次男。江戸生まれ。東大文学部政治理財科を明治17(1884)年に卒業し大蔵省に出仕,次いで東京高等商業学校教授となる。経済学研究のため22年に欧米に留学,24年に帰国するや日本銀行,横浜正金銀行に勤務。30年以降,自らの学問を生かすべく横浜火災海上運送,横浜生命保険の創立に参画し重役となった。しかし病気のため大正3(1914)年に両社を辞した。これに先んじて法学博士会の推薦により明治41年法学博士の学位を授与された。経済学の知識を実践に移した実業家。<著作>『経済学大意』『外国為替詳解』<参考文献>井関九郎監修『大日本博士録』1巻

(渋谷隆一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

土子金四郎の関連キーワード大正時代経営者

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android