コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土屋昌恒 つちや まさつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土屋昌恒 つちや-まさつね

1556-1582 戦国-織豊時代の武士。
弘治(こうじ)2年生まれ。土屋昌次の弟。甲斐(かい)(山梨県)武田氏家臣長篠(ながしの)の戦いで敗走する武田勝頼にしたがう。天正(てんしょう)10年3月11日天目山で勝頼が自害したとき,織田方の兵とたたかい戦死した。27歳。通称は惣蔵,右衛門尉

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

土屋昌恒の関連キーワード土屋惣蔵織豊時代土屋忠直弘治

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android