コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土屋昌次 つちや まさつぐ

1件 の用語解説(土屋昌次の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土屋昌次 つちや-まさつぐ

1545-1575 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)14年生まれ。武田信玄につかえ,元亀(げんき)3年三方原(みかたがはら)の戦いで徳川家康の臣鳥居忠広をうちとり武功をたてる。天正(てんしょう)3年5月長篠(ながしの)の戦いで戦死。31歳。甲斐(かい)(山梨県)出身。名は直村とも。通称は平八郎,右衛門尉

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の土屋昌次の言及

【土屋氏】より

…譜代。土屋昌次・昌恒兄弟が武田信玄・勝頼に仕えて活躍し,武田氏滅亡後,昌恒の子忠直が召し出され徳川秀忠の近習から1602年(慶長7)下総久留里で2万石の大名に進んだ。同藩は79年(延宝7)取りつぶされ旗本となったが,忠直の次男数直(1608‐79)は徳川家光の近習から若年寄・老中となり,その子政直も老中に就任し9万5000石の大名として常陸土浦に居城した。…

※「土屋昌次」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

土屋昌次の関連キーワード織豊時代赤井勝連安宅康重佐知景則武田信実(2)辻盛昌土屋貞綱正木正康山県昌景和田業繁

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone